デートスポット

関東紅葉◆東京から電車で行ける!おすすめ穴場スポット4選をご紹介

当サイトでオススメの東京から行ける紅葉の穴場スポットは「箱根(強羅)の紅葉」「東郷公園の紅葉」「本土寺の紅葉」「筑波山の紅葉」の4つ。
ちなみに東京周辺の紅葉シーズンは11月から。

ちなみに、この3つの紅葉スポットは電車でのアクセスも良く、メジャーな紅葉スポットに比べると知名度がやや低いので穴場スポットでもあり、カップルで「紅葉狩り」をしたいという方にもオススメ♪

ということで、電車で2時間程度で行けるオススメ紅葉スポットについて、詳しくご紹介させて頂きます!

【神奈川県】箱根(強羅)の紅葉

東京駅から東海道・山陽新幹線で1時間半。箱根登山鉄道強羅駅のすぐ近くに、美しい紅葉スポットがあります。

普段の喧騒を忘れられる観光地として有名な箱根は、実は紅葉スポットでもあるんです。
中でも「箱根美術館」付近の赤々としたカエデの数々は、日本庭園の“和”とのコントラストも相まって、最高にキレイ♪

特にココの紅葉は足場が苔でむされていることもあり、他の地域の紅葉とは一味違った面持ちがあります。
なお、箱根駅周辺や芦ノ湖周辺も紅葉が美しくメジャーな紅葉スポットに近いのも、強羅の紅葉の特徴です!

【施設情報】

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅
  • TEL:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)
  • アクセス:箱根登山鉄道強羅駅からケーブルカーに乗り公園上駅下車徒歩1分

 

【MAP】

【埼玉県】東郷公園の紅葉

東郷平八郎の銅像が鎮座している、埼玉の憩いの場所『東郷公園』は約1000本もの樹々が植えられており、季節ごとに違った風景を楽しませてくれますが、特に紅葉シーズンはオススメです!

東京駅から西武レッドアローに揺られ、約2時間。比較的静かな場所にあることもあってか、人通りが少ない穴場スポットであり、カップでのんびり散歩して過ごすにはうってつけの場所でしょう。

また、東郷公園では紅葉が見頃をむかえる11月後半――2018年は11月24日(土)に前夜祭、11月25日(日)に本祭「紅葉まつり」が行われ、さまざまな演目を楽しむことが可能です。

ジャズの生演奏や紅葉のライトアップ、また各種演劇など、当日はイベント盛りだくさん。
ぜひ、この機会にアナタも東郷公園まで足をのばしてみてはいかがでしょうか?

【施設情報】

  • 住所:埼玉県飯能市坂石580
  • TEL:042-980-5051 奥むさし飯能観光協会案内所
  • アクセス:西武鉄道吾野駅から徒歩20分

 

【MAP】

【千葉県】本土寺の紅葉

かつての水戸藩主が寄進したと伝えられる歴史あるお寺の「本土寺」は知られざる紅葉の穴場スポット。
寺内には真っ赤に染まる紅葉が約1000本も植えられています。

美しい紅葉に目を奪われつつも、寺内にあるさまざまな歴史的建造物をチェックするのもお忘れなく。
五重塔や仁王門、回廊など、歴史ある建造物の数々はどれも趣があり、まるで紅葉に誘われてタイムスリップしたような錯覚になることえしょう。

なお、お寺の敷地内ということもあって、開門8時、最終受付16時半と閉園時間は早め。
のんびり本土寺の紅葉を楽しみたい……という方は、朝方からお邪魔するのが吉。

【施設情報】

  • 住所:千葉県松戸市平賀63
  • TEL:047-341-0405(本土寺)
  • アクセス:JR北小金駅から徒歩10分

 

【MAP】

【茨木県】筑波山の紅葉

つくばエクスプレスで、1時間。それからバスで40分ほどかかりますが、登山&紅葉を楽しみたい方には「筑波山」の紅葉がオススメです!

日本百名山にも選ばれたことがある筑波山は、標高が低く、登山初心者でも登りやすい山でもあります。
山頂からは関東平野を一望することが可能。

なお、筑波山は歩きでの登山も可能ですが、ケーブルカー、ロープウェイを利用すれば山頂付近までラクラク♪
“山”ということもあって、筑波山の紅葉シーズンは早く、11月上旬には見頃を迎えています。ご旅行の際には、ご注意を!

【施設情報】

  • 住所:茨城県つくば市筑波
  • TEL:029-866-1616(筑波山観光案内所)
  • アクセス:つくばエクスプレスつくば駅からシャトルバスで約40分

 

【MAP】

それぞれ違った魅力ある紅葉スポットでアナタにピッタリの楽しみ方を♪

「紅葉」と聞くと、どうしても「山」を連想してしまいがちですが、実はいろんな楽しみ方があるんです!

今回は東京から電車で行ける、いろんな穴場紅葉スポットをご紹介しましたが、アナタはどのスポットが気になりましたか? アナタの旅のプランにぴったりな紅葉スポットで、充実した旅を楽しんでみてはいかがでしょう?