デートスポット

カップル温泉◆東北のおすすめは?露天風呂で満足度の高い宿はどこ?

少しヒンヤリ涼しい季節になってきました。

「関東も飽きたし、東北にも行ってみたいな」というカップルには秋の東北はおすすめです。

何より、関東より紅葉が早く楽しめることと、空気がきれいでおいしく、自然を体一杯に満喫したいならぜひ足を少し伸ばしてみる価値はあるでしょう。

今回は、東北の中でも特に関東から行きやすく、満足度の高い温泉宿をご紹介します。

東北1位、「だいこんの花」(宮城)はリピーター続出!

東北、といっても新幹線で行けば、東京→仙台までは1時間半ほど。

以外に近い上に、関東とは違う、空気のきれいさと独自の慎ましやかな東北の雰囲気が味わえます。

特に、関東と違うのは「大自然がすぐにある」というところ。仙台駅から少し離れると、そこはもう田んぼと見渡す限りの山。

「あ〜日本ってこんなに山が多いんだな〜」と実感できるほど、山に囲まれています。

そんな大自然も素晴らしい、東北。特に貸切風呂で自然を楽しむ体験は、都内だと人も多くてなかなかできないことなので、ぜひ体験して頂きたいです。

大自然の中、温泉と彼女だけ・・というシチュエーションは、素晴らしい以上の何ものでもありません。

そんな中、特におすすめできる温泉宿は、仙台からバスで1時間ほどの「だいこんの花」というところです。Relux of the Year 年間ランキング全国1位、Reluxランキング2018上半期でも、東北1位に選ばれました。

何がそんなに特別なのでしょうか。だいこんの花詳細を見てみましょう!

だいこんの花のシステム、部屋の料金は?

「だいこんの花」の温泉システムは別格!

なんと、露天風呂付きのお部屋がほとんどの上、貸切風呂が4種類も楽しめるんです。(+24時間入浴可能な大浴場)

下駄を履いて、浴衣姿でパタパタと歩いて行くその風情は、都会を完全に忘れるほどの別世界。左の2つの貸切風呂は、完全に自然の中にあるお風呂です。

↑このように、入浴中は札を自分で裏返し、竹竿をかけておくというシンプルな仕組みにも心そそられます。

「通り雨」。名前も一つ一つ丁寧に付けられ趣を感じさせる。

 

部屋は全て50m2以上が確保されており、かなり広いです。

何より、入って天井を見上げると、約5メートルほど(実感値)ある高さと開放感、そして木の落ち着いた風合いに驚くでしょう。

それぞれの部屋がひとつひとつ違った作りと特徴をしているので、ぜひよく検討して選んでみてください。

「もみじ」

 

気になる部屋の値段ですが、最低1泊3万1000円〜と、やはり高級宿の類の値段にはなってきます。ただ、それだけの価値はあるほど、全てにおいて「日本の美しさ」を感じる旅館であることは間違いありません。

タイプ 部屋名 広さ 森林テラス 露天風呂 シャワー 2名 3名
だいこんの花スイート
(書斎付き)
42+16 35 50,000
露天風呂付きメゾネットスイート えぼし岳 1階35
2階21
28.5 45,000
びょうぶ岳 1階35
2階21
26.8
露天風呂付き離れ S もみじ
(サンルーム付き)
50 17.5 42,000
菜の花 52 22.7
刈田岳
(ロープブランコ付き)
55 26.6
林空露天風呂付き離れ おぼろ月 53 24.5 × 42,000 39,000
青い月 50 18.6
半露天風呂付き離れ つめ草 54 23.4
(半露天風呂)
37,000
露天風呂付き離れ A なずな 53 37,000
糸トンボ 49
露天風呂付き離れ B 三日月 39 37,000
水玉 39
水まり 39
離れのお部屋 玉ゆら 53 × × 31,000 31,000
ブナ 53
水あかり 50
山桜 50
※公式HPより抜粋
大事な記念日の宿泊など、ぜひ検討してみてください。

「だいこんの花」への行き方は?東京からのアクセス

東京からのアクセスは最短で約3時間ほど!

東京駅>約2時間 東北新幹線 白石蔵王駅>約30〜40分 送迎乗合タクシー>だいこんの花

★乗合いタクシーは前日12:00までに予約が必要です。出発時間が合うようであれば検討してみてください。1000円で送迎してくれるのでお得です♩バスの時刻は下↓です

行き JR白石蔵王駅(14:30発)・JR白石駅(14:35発) → だいこんの花
帰り だいこんの花(11:00発) → JR白石蔵王駅・JR白石駅

 

また、仙台駅からバスで行く方法もあります。

東京駅>約1時間半 秋田新幹線 仙台駅 >約1 時間 (4 駅)仙台駅西口(バス)仙台~蔵王アクティブリゾーツ宮城蔵王行>アクティブリゾーツ宮城蔵王下車 徒歩8分 だいこんの花