恋愛ノウハウ

出会いをアプリに託す男性必見!女の子に声をかける時のポイント3点

出会いをアプリに託す男性

ネット恋愛は忙しかったり出不精でも気に入った女の子が見つけやすい、というような理由から利用している男性も多いと思います。

メッセージを送ることから繋がれる手軽さがウリですが、それ故に人によっては見落としている非モテポイントがあるかもしれません。

本記事では、ネット恋愛で女の子に声をかける時の注意点について紹介します。

①気になった理由は具体的に書くこと

気に留めた理由を書く

ネット恋愛で女の子に声をかける時の注意点その1は、ファーストメッセージに気になった理由を具体的に書くことです。

どこが気になったのか、どういう所に好感を持って繋がりたいと思ったのか。

これがハッキリ書かれていないと熱意を感じられないので、多くの女性は返信する気にもなりません。

面倒くさがりな男性だと、ファーストメッセージ用の定型文を用意している人もいるでしょう。

当たり障りがなく誰に送っても違和感がないようなメッセージは、少しネット恋愛慣れしている女性にはすぐに手抜きだと見抜かれます。

返信率を少しでも上げたいなら女の子のプロフの内容について言及したり、惹かれた点を明記するなどの工夫が必要です。

 

②募集条件にしっかり合っているか確認すること

ネット恋愛で女の子に声をかける時の注意点その2は、募集条件にしっかり合っているか確認することです。

募集条件に合わないのにメッセージを送る男性は即ブロックされるレベルで嫌われるので注意しましょう。

例えば「20歳~30歳までの人のみ」という募集に40歳の人が乗ってきたり、「インドア派と仲良くなりたい」子に対してガチなアウトドア派がメッセージを送ったりですね。

こうしたメッセージは女子のプロフを読んでいないのが丸わかりですし、読んだ上でやっていても自分勝手で独り善がりな性格としか受け止められません。

もし顔や雰囲気が好みの子がいても、募集条件に合わないようならメッセージを送るのは控えましょう。

 

③テキトー過ぎるノリや軽いノリは嫌われやすい

ネット恋愛で女の子に声をかける時の注意点その3は、テキトー過ぎるノリや軽いノリは嫌われやすいという点です。

ネット恋愛はプライベートな時間でやっているので気張る必要はないと考える男性もいるでしょう。

遊びの相手やその場限りの場合はライトなノリでいいですが、本命を探している時はそうしたノリは控えるようにします。

ネット恋愛の場合はファーストメッセージが第一印象になるので、真面目で誠実そうな人は万人受けしやすく好感を持ってもらいやすいです。

本気の恋愛の相手を探したい時は、敬語や砕け過ぎない言葉を使うよう心がけましょう。

 

以上、ネット恋愛で女の子に声をかける時の注意点の紹介でした。

現状ネット恋愛の結果が芳しくない人やネット恋愛をこれから始めようとしている人は、上記の注意点をおさえて行動するといいですよ。