有名人

ダルビッシュ有選手へのアメリカの反応は?モテっぷりは変わらず?

田中将大選手の年俸は?気になる子供の現在「規格外」の噂の真相は?

シカゴ・カブスとの契約が決まったダルビッシュ有選手。国内で活躍していた際は男性からはその実力が認められ、女性からもその甘いルックスで甲子園出場時からプロになるまで大人気でしたよね。

メジャーに移籍してからの彼の評価はどうなっているのでしょうか。ダルビッシュ有選手のアメリカでの反応や成績、そして気になる2度目の結婚などをまとめてみました!

成績には高評価。一方では不満の声も?

ダルビッシュ有選手の2017年前半戦の成績は6勝8敗、防御率は3.49。

右肘靭帯断裂手術という大きな壁も乗り越えたダルビッシュ有選手の契約最後の年ということもあり、観客のみならず多くのメディアが注目を集めていました。

好スタートとは言い難い結果となりましたが、ゲームを作り上げてエースとして活躍してくれたと言えるでしょう。

地元紙のスターテレグラムでは、ダルビッシュ有選手をアメリカン・リーグ最高の投手の一人と認めています。「試合に置いても最高の選手である」、とも。

一方でチームのファンの一部からは不満が出ているとも評しています。

それはダルビッシュ有選手が契約の際に高すぎる年俸を提示したこと、完投キャリアが少ないことなどがあり、エースとしては物足りないと感じているファンが多いためです。

この不満はダルビッシュ有選手ならもっとやってくれるという期待の裏返し。今後の活躍で期待に応えるしかなさそうです。シカゴ・カブスに移籍した後の2018年5月には、インフルエンザのような症状から「故障者リスト」に入り、世間的にはやや故障が多い印象になってしまっているかも!?海の向こうで様々な環境の違い・重圧をはねのけつつのメジャーリーガー生活は、いくらダルビッシュとはいえ、一筋縄にはいかないところも多いのかもしれません。まだまだ年齢的にも、ここから先の活躍には期待ができるので、ぜひ身体にだけは気をつけてほしいですね。

ダルビッシュ有選手はアメリカでもモテモテなのか!?

日本国内で活躍中の際も多くの女性を虜にしていたダルビッシュ有選手。

日本人とイラン人のハーフでエキゾチックな顔立ちが魅力的ですよね。

しかしそんなダルビッシュ有選手、アメリカでは女性からどのように思われているのでしょうか?

実際にアメリカの女性へのアンケートでは、ダルビッシュ有選手をかっこいいと思っている女性は100人中85人にも登りました!身長は192cm、体重102キロのメジャーリーガーとしてアメリカ人選手に遜色のない体格であることも、違和感を感じさせない理由の一つ。

特に、目が素敵、セクシーさを感じる、高い身長と筋肉がいい、といった評価がある一方で、美しすぎて男性として見られないという声も。

日本でもアメリカでもダルビッシュ有選手の美しさは通用しているようです。

ダルビッシュ有選手の再婚に世間が驚いた!

そんな、アメリカでも「モテ男」のダルビッシュが再婚を発表したのは2016年。前妻の紗栄子さんと別れた際も世間をあっと言わせましたが、今回の再婚はそれ以上の衝撃だったかもしれません。何しろ、前妻の紗栄子さんや、日本で浮いた噂のあったお相手はいずれも「女の武器」で攻めるようなモデルタイプの女性。ですが、最終的に落ち着いたのは、同じスポーツ選手として分かり合えていたという、元レスリング世界王者の山本聖子さん。タイプが今までと違い、日本のファンはノーマークだった故に驚いた人が多かったようですが、さらに、「子供もすでにいた!」ということで世間は一層びっくり。結婚報道の前に1人、2017年にも1人誕生するというアツアツぶりです。これで前妻紗栄子さんとの間にもうけた2人の子供も合わせると、31歳にして、実の子供は4人いることになります。見るからにヤリ手なダルビッシュ選手ですが、それも色々な才能と容姿の良さがあってのモテからきているものでしょう。いや〜、天は二物を与えるとはまさにこのことですね。

ダルビッシュ有選手は実は男性にも人気!

アメリカの女性からも外見が魅力的だと認められているダルビッシュ有選手ですが、女性だけでなくもちろん男性からも人気があります。もちろん、健全な意味でですよ。(笑)

試合ではダルビッシュ有選手と同じ背番号をつけた若い観客が多く目撃されています。

ダルビッシュ有選手の実力だけでなく、外見や私生活などに憧れる若者も多い様子。

今後シカゴ・カブスでどのような成績を残してくれるかにも注目が集まっています!

女からも男からもモテる秘密は内面にあり!?

ダルビッシュ選手がイラン人元サッカー選手の子供でハーフだということは有名ですが、日本での育ちもとてもユニーク。まず出身地は、大阪府羽曳野市。どちらかと言うと、コテコテの大阪人に近いような地域柄で育ったからか、今もそのトークの切れは健在。時折ツイッターなどで垣間見える関西人の有選手の一面に、親しみを覚える方もいるのではないでしょうか。そして、高校は、大阪と全く風土の異なる東北へ行くことになりました。野球の強豪校、東北高校にて、甲子園でめざましい活躍をとげ、一躍日本全国にその名を知らしめることに。こういった、様々な文化や風習の中でも自らのパワーを発揮し、寛容性高く様々なことを吸収する姿が、もしかすると今のアメリカという土地に合っているのかもしれません。

ダルビッシュ選手の出身地はこちら

現在ダルビッシュ選手がいるシカゴカブスはこちら